ホテルシステム

ホテルシステムとビジネスフォン・PBXの連動で業務効率向上

ホテルの業務を一元管理する、ビジネスフォン・PBXとホテルシステムの連動

ホテルシステムに、ビジネスフォンやPBXを連動させることで、様々な業務がシームレスに連動し、業務効率〜一元管理ができるようになります。

現代のビジネスフォンは、予めホテルでの利用を想定した機能が多数盛り込まれており、簡単にシステムを構築することができます。

ホテルシステムとビジネスフォン・PBXとの連動イメージ

ビジネスホンお問合せ

ホテル機能と連動する、主なホテル機器

チェックイン・チェックアウトの「フロント受付」
ホテルシステムに接続されたフロント受付端末は、ホテルシステムに接続されたビジネスフォン・PBXと連動します。
ホテルシステムの中枢「ホストコンピュータ」
ホテルシステム全体の管理を行うのが、ホテルシステム用のホストコンピュータです。
ビジネスフォンやPBX、その他様々な機器と連動させます。
ホテルシステムと連動「ビジネスフォン・PBX」
小規模であればまだしも、100室以上のホテルでは、ホテルシステムとビジネスフォン・PBXの連動を欠かせられません。
各フロアやフロントに備えられる「ルームインジケータ」
「チェックイン〜チェックアウト、清掃中〜清掃完了、空室」などの客室の状況を「ランプ、またはPC、タッチパネル液晶画面」などで表示します。
客室の利用状況によって設定を変える「変更端末」
一般客の利用や、修学旅行の団体客利用等によって、客室ごとに変更を行うことができます。(外線発信や着信規制等)
通話料金の管理を行う「管理用端末・印刷機器」
客室で利用した通話料金は、利用情報が送信され、ホテルシステム側で精算・印刷します。宴会場利用ではバンケット内線できる電話機もあります。
客室に音声メールを提供する「ボイスメールサーバ」
ボイスメールサーバによって、ボイスメールを不在中の客室に伝言を残すことができます。客室ではランプが点灯するので、確実に音声を聞いてもらうことができます。
ホテルのフロントに設置する「フロント電話機」
客室からの電話でのコールや、逆に客室へのコールに使用する電話機です。
ホテル内スタッフ間での連絡に利用する「業務用電話機」
客室とではなく、ホテル内にある事務所、厨房、清掃員室など、業務での連絡に利用するための電話機です。
お客様にご利用いただく「客室電話機」
オフィス用の電話とは形が異なる電話機です。メッセージランプが備えられておりボイスメールがあればひと目で分かります。また、フロント呼び出し機能やモーニングコール機能等があります。
多くの方が利用する空間に設置する「バンケット電話機」
宴会場や式場にバンケット電話機を設置します。必要に応じて外線発信規制をON、OFFにし利用します。
フロアの共用部に設置する「ハウスホン」
共用部に設置するハウスホンは、内線通話でフロントと会話できるよう設置されます。

ホテルシステムにお勧めのビジネスフォン

様々なビジネスフォンメーカーがホテルシステムに対応していますが、中でもSAXA(サクサ)のPLATIAがお勧めです。拡張性も高く、導入事例も豊富で、幅広いニーズにお応えできる機種といえます。

αNXⅡ Plus (S・M・L) 2台~480台クラス NTT

PLATIA Standard 2台~8台クラス
<saxa(サクサ)>

ネットワーク機能充実のPLATIAが、オフィスワークを変えていく
販売価格
25,000円~(税込)
キャンペーン価格
0円~(税込)
新品の詳細
ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る