ビジネスフォンの基本的な使い方

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

ビジネスフォンの内線関係機能①カテゴリ:基本的な使い方

オフィスにおいて内線、外線と言う区別は独特のビジネス用語であり、他の場で聞くことは少ないと思います。

実際、内線機能はビジネスフォンには最も欠かせない重要機能です。
失敗しないビジネスフォン選びのご参考までに、今回は一般的なビジネスフォンに搭載されている内線関係の代表的な機能をご紹介します。

内線機能はビジネスホンに欠かせない重要な機能

重要度の高い内線関係の代表的機能

【内線オフフック発信機能】
コードレス電話を持ち上げるだけで内線発信ができる機能です。
ビジネスホン本体の受話器を持ち上げることなく内線発信を行なうことが可能な「内線オンフック発信機能」は基本中の基本とも言えるビジネスフォンの 内線機能です。別の内線にかかってきた内線電話を指定番号ダイヤルすることでインターセプト(横取り)することができる「内線代理応答機能」も利便性の高い機能の1つです。

【内線ワンタッチ発信】
ボタンに内線番号を登録することによりワンタッチで発信ができます。

【内線一覧表示】
内線番号と名前の一覧をモニターに表示することができます。

【内線名称(登録)表示】
指定内線番号に名前を登録しておくと、未使用時にモニターに登録者の名前が表示されます。

【一斉呼出機能】
自分の電話機から全ての内線に向けて一斉スピーカー放送することができます。

こういった機能は、はじめは難しく感じるかも知れませんが、慣れれば非常に便利なので覚えておいて損はありません。

ビジネスフォンの内線関係機能②に続きます。

ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る