ビジネスホンの導入後、気をつけるポイント

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

まずは機能の把握をしましょうカテゴリ:導入後、気をつけるポイント

ビジネスホンには様々な機能が備わっています。分からないことは業者に聞くなど購入前に念入りに調べることは勿論のこと、購入後も説明書を読むなどして購入したビジネスホンの機能とその操作方法をしっかりと把握しましょう。

把握しておきたい機能

機種によって機能に違いがあるため、一概にこの機能は絶対に把握しなければならないとは言えませんが、購入したビジネスホンに搭載されているならば、なるべく使えるようになっておきたい機能をここで紹介します!!

リモートコールバック

「リモートコールバック」とは、携帯電話から相手先に電話をかける際に「会社の電話番号」で電話をかける事が出来るサービスです。
ビジネスホンの中に設定した番号に携帯電話からワンコールかけると、会社から自動的に携帯電話にコールバックが入ります。

そのコールバックを受電し、目的の電話番号を入力すると、会社の電話番号で電話をかけることができます。

スタッフ個人の携帯電話などを利用している際は、電話料金が会社にかかるため福利厚生の一環にもなり、会社の携帯であればコスト削減するためにも役立ちます。

外線手動転送

「外線主導転送」とは、かかってきた電話を別の電話に転送する機能の事をいいます。

例えば、外出しているスタッフ宛てに会社の代表番号に着信があった場合、 当然の事ながら電話を繋げないため、折り返しの連絡で相手をかなり待たせてしまうことがあります。

外線主導転送を使うと、会社にかかってきた電話を「前もって登録しておいた担当者の電話番号」に即座に転送する事が出来ます。

なお、機種によっては転送は手動だけでなく自動にも設定できます。
会社にかかってきた電話を登録した担当者の携帯電話や外出先の電話番号へ即座に転送する事ができ、ソフトバンクの携帯をお持ちでソフトバンクの回線サービスを併用する事で、転送通話料金を無料にする事も可能です。

携帯ブラウザ連携機能

携帯電話を介してビジネスホン内の電話帳を検索し、発信する事が出来る機能です。

お手持ちの携帯電話には電話帳の登録を行う必要がないため、万が一の紛失があった場合でも情報漏えいのリスクを減らせます。

ただ、今ではスマホなどセキュリティ性が高い携帯もあるため、あまり利用されていない傾向になりつつあるようです。

会議通話

ビジネスホンを通して、他の拠点と音声による会議ができる機能です。

グループ同士の拠点間ミーティングなどに力を発揮し、画像を必要としない企業様には利便性のある機能です。

緊急地震速報対応

地震が発生した際に、電話機から表示とランプ、音で地震発生をお知らせします。

気象庁から配信される緊急地震速報(高度利用者向け緊急地震速報)に対応しています。

地震大国と呼ばれる日本。

いつ地震が起きても落ち着いて行動できるように、地震即はいつでも入るようにしておきましょう。

ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る