ビジネスフォンの便利機能

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

擬似話中返しカテゴリ:ビジネスフォンの便利機能

疑似話中返しとは、かかってきた電話を取れない時に一定時間着信の外線数を減らして擬似的に話中音を流す機能で、話中音とは、かけた相手が通話中の時に電話機から聞こえる「ツー、ツー、ツー」の音の事です。これを通話中でもないのに擬似的に流すことが「擬似話中返し」となります。

お互いに不快な思いをしない為の機能

何故このような機能があるのかというと、電話の呼び出し音が鳴り続けるのは、かけてきたお客様に不安感(マイナスイメージ)を与えると同時に、オフィス内の社員にもストレス となります。

「疑似話中返し」機能なら、かけてきた相手には話中音を流しますが、電話機には着信履歴が残りますので誰からの電話か分かりやすく、履歴からの発信もできます。

ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る