ビジネスフォンの便利機能

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

代理応答カテゴリ:ビジネスフォンの便利機能

外出中だったり、他の電話と通話中だったりすると、内線がかかってきても出ることはできません。

その場合、その内線に替わりに対応出来るビジネスホンの機能を「代理応答」と言います。

代理応答の種類としては「内線番応答号指定代理応応答」、「自グループ内線代理応答」、「グループ指定内線代理応応答」の3つがあります。
なおこの代理対応を利用する場合には、事前に内線指定代理応答特番を設定してく必要があります。

内線番応答号指定代理応答

内線着信している内線電話機の内線番号を指定して、その内線の代わりに応答することができます。
例えば「内線1番」での呼び出しを「内線13番」の電話機で対応することです。
この場合ですと内線指定代理応答特番+内線番号のダイヤルで対応出来ます。

自グループ内線代理応答

ビジネスホンには複数の契約回線でグループを組み、そのグループに特定の番号を割り当てることで、あらかじめ設定した代表番号(親番号)に着信があった場合、グループのどの電話機からも着信することができる仕組みがあります。
これを「代表組」と言いますが、このグループ内の電話で代位応答した場合が「自グループ内内線代理応答」です。
これは例えばAさんを呼び出した内線を同グループの電話を使用しているBさんが応答したケース考えればOKです。


[代表組]

グループ指定内線代理応答

他の内線代理応答グループに所属している内線電話機の内線着信に代わりに応答できます。
例えば、Aグループのメンバーが全員対応できないときにかかってきた内線をBグループの人が自分のデスクで対応するようなケースです。
これはグループ指定内線代理応答特番+グループ番号をダイヤルで対応できます。

ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る