ビジネスフォンの選び方

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

安いビジネスフォンはここに注意カテゴリ:ビジネスフォンの選び方

安いビジネスフォンの注意点ビジネスフォンも中古市場がメジャーになってまいりました。

その際に出てくるのが、『安すぎる商品』です。
場合によっては、これで利益が出るのか?と疑いくなるほど安い値段のケースもあります。
では、なぜそこまで安いビジネスフォンが出せるのでしょうか?
理由としては大きく2点が考えられます。

中古のビジネスフォンはメンテナンスが行われているかチェック

基本的に、ビジネスフォンを中古で販売しようと考えた場合、下記の項目が必要になります。

商品の選別

基本的には、今までお客様先で使われていたビジネスフォンを引き取ってすぐの状態は、汚れが目立ちます。
その中でも、日焼けがひどいものなど、クリーニングを行ってもどうしようも無いものもあります。
例え中古としても、商品となるもの、ならないものというものが出てきます。

クリーニング

汚れにも色々と種類があります。
それぞれの汚れに対して、クリーニング法が変わってきます。
そのノウハウがあるかどうか、また行うかどうかで、
商品の状態は大きく変わってきます。

動作チェック

実際に引き上げてきた商品に関しても、あくまで電化製品となりますので、状態によっては機能しないものも出てきます。
お客様先で使えないという状態を防ぐ為にも、
動作チェックは必須となります。

手間を省くだけが安さの秘密ではありません

勿論、安いビジネスフォンを販売している業者がすべてこれらのメンテナンスを省いているわけではありません。

例えば、

①中古機器の独自仕入れルートを持ち、安く仕入れることが出来る。
②自社で清掃人員・工事人員を抱え、多くの案件を回すことで、人的コストを削減出来る。

の2つの条件を満たすのであるならば、販売しているビジネスフォンが安くても項目を省くことなく利益を出すことが出来ます。

しかし、自社ブランド化されていない販売業者であれば上の事をするのは容易ではありませんので、商品だけでなく、販売業者も合わせてチェックすることをお勧めします。

付加サービスを付ける事で安くなります

商品の質を落とさずに、中古のビジネスフォンを安く販売する方法としては、もう一つ、何らかの電話回線サービスを申込む条件付きで安いビジネスフォンを販売するケースがあります。
具体的には、最近では街中でも『パソコンを購入される際に、インターネット同時にお申込み頂くと、○万円割引!』というものがあります。

これは、その お店が代理店として活動しており、そういったサービスをお申込み頂くと、手数料が頂けるので、それを還元しているという仕組みになります。

この方法だと比較的小規模の販売業者でもクリーニングや動作チェックといったものを省かず良質な中古ビジネスフォンを安く販売することができます。
また、電話回線サービスも安くなったり、様々なサービスを受けることが出来てお客様サイドにも結構お得です。

このように、何事にも、『安いのには理由』があるという事です。
「安物買いの銭失い」にならないように、中古のビジネスフォンを購入するときは、信頼できる業者をきちんと選んで購入する事をお勧めします。

ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る