ビジネスフォンの選び方

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

ビジネスホンの機能性カテゴリ:ビジネスフォンの選び方

ビジネスフォンについての実際の機能については、「基本的な使い方」「ビジネスフォン便利機能」の項にてご紹介していますので、ここでは割愛させてきただき、本稿では「機能性から見たビジネスフォンの選び方」という観点で解説します。

ビジネスフォンにはどんな機能が必要?

まず一つ覚えておいて頂きたいことが、『ビジネスフォンはカスタマイズするもの』ということです。
ビジネスフォンは企業向けの電話機ですが、企業の業務内容は千差万別であるので、ビジネスフォンもある業種では必要な機能でも、別の業種では必要無いという機能が多々出てきます。

メーカーのオプション対応

これらのニーズに1台のビジネスフォンですべて応えようとすれば、機能は複雑化し、コストも使い勝手も悪くなってしまいます。
その為、各メーカーがとっている対応というのが、 『ビジネスフォンの初期の状態では、基本機能のみを搭載し、必要な機能はオプションとしてユニットなどを追加することで対応していく』といった形です。

ちなみにここで言う基本機能とは、発信、着信、保留・転送、内線、代表組の5つの機能です。

  • 発信:外部へ電話をかけることができる
  • 着信:外部からの電話の応答ができる
  • 保留・転送:外部との通話を保留しほかの電話へ転送できる
  • 内線:内部の電話同士での通話ができる
  • 代表:代表番号での着信を複数の電話機で受信することができる

これ以外はすべて追加されるべきオプションとしての機能と言う事になります。

多様化されるデフォルト機能

最近では、メーカーによっては初期の状態から色々と機能が付いている物も出てきましたが、その機能が本当にいるのかなどは、きちんと担当の営業に確認しておいた方が良いでしょう。
OFFICE110では、お客様とご相談することで、最適のビジネスフォンをご提供できます。機能について分からないことがあればぜひともご相談ください。

ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る