ビジネスフォンの選び方

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

ビジネスフォンの購入方法カテゴリ:ビジネスフォンの選び方

ビジネスフォンを導入するにあたり、購入方法は以下の2つがあります。

  • リースで購入
  • 現金で購入

ビジネスホンを導入する際リースと現金のどちらで購入するべきか

新品はリースと現金での購入ができますが、中古は現金のみの購入となります。

ビジネスホンの購入方法はオフィスのニーズで決まる

どちらの方法でビジネスフォンを導入すべきかは、まずオフィスでのニーズを明確にする必要があります。

転送機能や保留機能など、どのような機能が企業にとって必要なのか、どのくらいの予算で導入したいのか、またどのようなサービスに期待しているのかなどをまず最初に考えてみましょう。

ビジネスフォンの販売会社の多くは、各会社が販売しているビジネスフォンの様々な機能を宣伝してくるでしょう。
しかし、販売会社の営業に飲まれてしまうと、最終的に企業やオフィスに不必要な機能のついているビジネスフォンを購入してしまう可能性があります。

リースには動産保険が付いておりますので自然災害で故障した際はリースの場合は保険が効きますのでお得な場合もありますが、ビジネスフォンの場合には、たとえ月額料金が安くなったとしても、新品商品をリースする必要がない場合もあります。

またリースは分割にはできますがレンタルとは違い途中解約はできません。もちろんリース会社での料率がかかりますので現金一括で購入するよりは総額は高くなってしまします。故障の際の対応はリースでも現金でも購入した販売店でのどのように対応するかになりますので変わりません。

ビジネスフォンは1~2年で交換する物でもないので良く検討してから購入方法を考えましょう。

ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る