ビジネスフォンの基礎知識

最新の現行機種アウトレット商品がなんと何台でも0円 NTT NX2 SAXA プラティア

ビジネスフォンのメリット・デメリットカテゴリ:ビジネスフォンの基礎知識

ビジネスホンがどのようなものであるかについては、

の3記事を読んでいただくと、大体理解していただけるのではないかと思います。

本稿では、何故多くの企業がビジネスホンを使用しているのか、さらに企業から見たビジネスホンのメリット・デメリットについて解説します。

ビジネスホンを選ぶメリット

ビジネスホン

改めて、ビジネスフォンの特徴を簡単に言うと、

①複数の電話番号を一つの電話機で受けることが出来る
②一つのシステムでたくさんの同時通話をすることが出来る
③複数の電話番号を内線でまわすことが出来る

となります。

ではここで挙げた特徴は具多的にどのようなメリットが企業にあるのでしょうか、少し踏み込んで説明します。

「複数の電話番号を一つの電話機で受けることが出来る」メリット

一般の家庭用電話のように電話機の台数だけ電話回線を契約する必要がなく、実際に同時に使用する回線数だけ契約し、効率よく利用することができます。
また、電話機の数だけ回線を契約する必要がないため、通信コストを削減出来ます。

「一つのシステムでたくさんの同時通話をすることが出来る」メリット

家庭用電話の場合、誰かが通話中だと、その電話が終わるまで他の外部からの着信は繋がりません。
しかしビジネスホンだと、誰かが通話中でも他の電話が外部からの着信に対応できますし、別の電話機に内線通話をかけることも可能です。
これにより、大きな規模の会社でも、電話の取りこぼしを防ぐことができ、業務を円滑化させます。
更にビジネスホンは複数回線を同時に取り扱えますので、電話だけでなく、FAXや他のOA機器等にも接続が可能です。

「複数の電話番号を内線でまわすことが出来る」メリット

いったん内部で受けた外線を、他の内部電話に転送することができ、更に機器導入により外部(支店・携帯電話等)にも転送が可能になります。
これによって発話者が掛け直す必要もなく、スムーズな電話の取り次ぎが可能になり、業務を円滑化させます。
また、基本的に内線には電話料金はかからないので、外線を内線として転送することで通信コストの削減が出来ます。

これらの実務的・経済的メリットがあることで、ビジネスホンは多くの企業で採用されています。

ビジネスホンのデメリット

数多くのメリットがあるビジネスホンですが、やはりデメリットというものは存在します。
具体的には次のようなものです。

①価格が通常の家庭用電話機に比べて高く、導入における経済的負担が大きい
②データ設定などでは、工事人の専門知識が必要となるので、素人では中々扱えない。
 それ故、設置は専門業者に頼むしかなく、そのための費用が必要となる

メリットとデメリットを見比べてみると

メリットとデメリットの比較

ビジネスホンには事業を行う上で、これらの経済的デメリットをはるかに上回るメリットがあります。
個人営業などのよほどの事情がない限り、事業を運営する上での必要経費と割り切って導入するべきです。
また、最近では、多くの中古ビジネスホンが市場に登場し、新品の4~5分の1という安価で購入できるようになってきています。
そのため、3台のみなどの小規模オフィスでも積極的に導入されています。

ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る