ビジネスフォンの基礎知識

最新の現行機種アウトレット商品がなんと何台でも0円 NTT NX2 SAXA プラティア

どちらが得? ビジネスホンの新品と中古徹底比較カテゴリ:ビジネスフォンの基礎知識

ビジネスホン新品or中古

ビジネスホンを購入するにあたって新品と中古のどちらを購入するほうが得なのでしょうか?

新品と中古を決めるにはまず条件を整理しましょう

予算を考えましょう

ビジネスホンに限らず、商品を購入する時に考えるのが、『新品を買うか中古品を選ぶか』だと思います。そして、一般的には、新品は“綺麗だけど高い”、中古は“多少汚れているけど安い”というイメージがあります。

ここで比較するならばズバリ!コストと予算の見比べになります。

電話機にどれだけの予算を投資できるのか--それによって新品か中古かが決まると言っても過言ではありません。

安心に対するプライス

意外と見落としがちですが、新品と中古では“保証”が大きく異なります。

新品の場合は必ずメーカーの保証が付きますが、中古の場合は当然メーカーの保証は無く、保証を付けるかどうかは各販売店によって異なり、またはその対応はあくまでも販売店が行うということになります。

モチベーションも考えてみましょう

新規にオフィスを構えるならやはり真新しいものに包まれて事業を始めた方が気持ちも上がります。

電話としての機能は通話ができれば問題ありませんが、「仕事に向かう姿勢はやはり“気持ち”を大事にしたい」と思われる場合は少し奮発して新品を揃えてみるのも良いかもしれません。

新品と中古のメリット・デメリットを見てみましょう

新品のビジネスホン

メリット

  • 意図的に旧式のビジネスホンを購入しない限り、その時点で最新の機能を搭載している
  • 拡張性は高く、人員増加等に対応するための後の拡張が容易である。
  • 法定耐用年数は購入した時点から6年であり、その期間におけるメーカーの保証も万全。
  • 設定データのバックアップ方式が現在ではフラッシュバックメモリで統一されており、停電等でデータを失う可能性は限りなく低い。

デメリット

  • 価格が中古ビジネスホンのおよそ4~5倍です。
  • それ以外で中古と比べた場合のデメリットは特にありません。

中古のビジネスホン

メリット

  • 新品のビジネスホンに比べると、4~5分の1の低価格で購入できます。
  • 型落ちや販売開始から時間が経っているので使い方や機能に関する情報をネットなどで簡単に入手できます。

デメリット

  • 機種によっては最新の機能が搭載されていないものもあります。
  • 機種によっては拡張性が低く、ユニットを入手することが困難なことがあります。
  • 新品と比較すると故障率が高く、メーカーの保証が受けられないケースもあります。
  • 設定データのバックアップ方式は機種によっては電池式もあり、停電等でデータが失われる場合もあります。

新品の方がいい?

中古ビジネスホンのメリット・デメリットは、新品とは真逆であり、こうして比較してみるとデメリットの方が多いように思えるかもしれません。

しかし、これらのデメリットはあくまでも「新品のビジネスホンと比較」した場合であり、中古ビジネスホンを購入する利点は価格以外にもあります。

中古ビジネスホン購入の利点

実を言うと、ビジネスホンの保留・内線・転送といった標準機能で比較する場合、新品と中古の優劣はほとんどありません。

確かに新品は使えば便利な最新の機能を搭載していますが、大抵、中古ビジネスホンの機能でも十分な場合がほとんどです。
特に、中古ビジネスホンでも、2、3年前に発売された機種であれば、最新型のビジネスホンと性能の面でほとんど見劣りすることはありません。

また故障という点についても、「法定使用年数と寿命」で述べたように、ビジネスホンは故障しにくいものであり、新品と比べれば故障のリスクは高いといえるものの、比較的に新しい中古品であるならばそれほど深刻になる必要はないのです。

ビジネスホンの正しい選び方

ビジネスホンの正しい選び方とは?

前述の通り、ビジネスホンの選び方はそれぞれの条件によって異なりますが、中古ビジネスホンには過去にさかのぼって機種を選べるラインナップの豊富さがあり、用途・目的に合致した選択ができる余地も広がります。

※もちろん弊社では新品に負けない綺麗なSランク商品を取り揃え、購入後のサポートも丁寧に対応しています。

そのため、最新の機能がどうしても必要といった理由がない限りは、新品よりも中古のビジネスホンの購入をオススメしています。

新規で事務所を立ち上げる場合や、初めてビジネスホンを導入する方は中古からスタートするのはいかがでしょうか?
そして、ある程度使用された上で、仕事が軌道に乗った後や、どうしても新品でしか利用できない機能が必要な場合などに新品をチョイスするという選択が比較的妥当のように思われます。

また、新品の購入は費用がかかり過ぎるけれど、中古は嫌だという方の場合は、リース契約を利用する方法もあります。

詳しくは、「ビジネスホンとリース契約について」をご参照ください。

ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る