ビジネスフォンの基礎知識

最新の現行機種アウトレット商品がなんと何台でも0円 NTT NX2 SAXA プラティア

交換機・主装置とはカテゴリ:ビジネスフォンの基礎知識

ここでは交換機主装置について説明します。
なお主装置については「一般電話との違い」の中で詳しく説明していますので、そちらを合わせて参照してください。

ビジネスホンの“オオモト”『交換機』とは

「交換機」というと、一般的には、NTTの電話局にある大きな交換機を想像しますが、オフィスで使う交換機は、それとは少し違います。

その違いは、オフィスにおける交換機は、NTTに設置するものではなく、会社のオフィスに設置して内線電話と外線電話同士を交換します。

この交換機は、「PBX(構内交換機)」と呼ばれていて、現在PBXは音声信号をデジタル処理するデジタルPBXが主流となっております。

デジタルPBXを使用すると、交換機を通して外線から直接、特定の電話を呼び出 すことのできるダイヤルインが可能となります。

また他にも短縮ダイヤルや、不在転送、指定時間呼び出し、コールバックなどの多彩な機能を利用することも可能になります。

さらに、信号がデジタル処理をされているため、電話機以外にファクシミリやコンピューターなどを接続して、企業内の情報ネットワーク(LAN/VAN)の構成も可能となります。

PBXの機能と種類

PBXの機能は、主に外線からの発信・着信の制御をしたり、内線同士の通話機能が基本になります。

なお、PBXの種類としては次のような区分があります。

unPBX

使用の規模が大規模な場合に使われるPBXです。

あらかじめプログラムしてある、一定の基準に応じて、構内電話機への着信選択制御[ACD]をおこなって、公衆回線(外線)を介した問い合わせにも効率的に対応します。

コンピューターに構内交換機を付加させたもので、ソフトウェアを組みかえることで柔軟な制御が行われ、より効率的な対応が行えるのが特徴です。主に、家電メーカーのサポート窓口などのコールセンターで使用されています。

ビジネスホン

ビジネスホン

使用の規模が小規模である場合に使用されるPBXです。着信選択制御機能は持たないで、一本あるいは、少数の公衆回線との接続と内線交換のみが行えます。ほとんどの企業で使用しているPBXはこのビジネスホンです。

主装置とは

主装置というのは、交換機と違って、ビジネスホン>を使用するときに 必要となるものです。
一つの電話回線を複数のビジネスホンで利用するために、一旦電話回線を主装置に接続してから、ビジネスホンに接続して複数の回線として利用できるようにするものです。
なお、ビジネスホンと主装置を接続する方式としては2種類存在します。

スター配線接続

主装置から電話機まで、1台に対して1配線接続する方式

特徴

配線が1台ずつ必要ですが、電話機1台のトラブルや配線が断線しても影響を受けるのはその1台だけで済みます。
現在はほとんどのメーカーがこのスター配線接続方式を採用しています。

パス配線接続

主装置から電話機まで、1本の配線で途中分岐し接続する方式。
1本の配線で8台までの接続が標準接続台数となります。

特徴

配線が少なくてすみますが、電話機1台のトラブルや配線が断線した場合、その線に接続されている電話機全てが影響を受けるます。

ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る