ビジネスフォンの基礎知識

抽選で5社様に11万円分のJCBギフトカードプレゼント!

最新の現行機種アウトレット商品がなんと何台でも0円 NTT NX2 SAXA プラティア

ビジネスホンと一般電話の違いカテゴリ:ビジネスフォンの基礎知識

ビジネスホン家庭用電話機

ここではビジネスホンと一般電話機の違いについて詳しく説明していきます。

一般電話機はみなさんご存知のとおり、一般の家庭で使われている電話機(※写真右側)の事です。

そしてオフィスなどで働いてるみなさんも普通に電話を使われているかと思いますが、家庭用電話機と違ってボタンがいっぱい付いててどれを押したらいいのか分からない物に出くわした事があると思います。

単純に言ってしまえばこれがビジネスホン(※写真左側)です。

ざっくりと言ってしまいましたが、実は構造などは全く違って、大きな特徴としては家庭用電話機は電話機本体だけで電話線を繋げば使えますが、ビジネスホンの場合は電話機本体だけでは使うことができないなど色々違いがあります。

その違いなど、それぞれの特徴を交えてご説明いたします。

家庭用電話機の特徴

黒電話

家庭用電話機とは、局線が1外線(1番号)で使用するタイプの通信機器の事です。電話機が何台あっても外線が1chしか対応していないので、TEL又は FAXを1台使用していれば他から発着信できず、あくまでも1台ごとの利用に限定されます。

この家庭用電話機は一般的には電気屋さんで販売されており、親機(留守録対 応)1台、コードレス複数台の組合せで展示されています。家庭用FAXにコードレスが付いているタイプも同様です。

家庭用電話機をオフィスで使用すると・・・

オフィスの規模に合わせて、家庭用電話機にするか、ビジネスホンにするかが決まってくると思いますが、この家庭用電話機を会社の規模だけで考えて使用した場合、問題点が無い訳ではありません。

料金の問題

他部署に連絡する必要がある場合、内線回しができず、外線を使用するため同じ社内にいながら通話料金が発生してしまいます。

移動の問題

電話を受けた人以外への電話であった場合、電話機を設置してある場所まで行かないと代われない。

着信の問題

設置できるのが1台だけですので、電話機から離れたところにいると着信していても気づけない可能性がある。

これらはいずれも、会社にとってはビジネスチャンスを逃す可能性が出てきます。
この為、会社では家庭用電話機ではなく、特殊な機能を搭載したビジネスホンを使用することが通常です。
では、具体的にビジネスホンは家庭用電話機とどこが異なるのでしょうか?

ビジネスホンの特徴と家庭用電話機との違い

ビジネスホンの特徴

「ビジネスフォンの歴史」で触れたように、ビジネスホンとは複数の外線と内線を共有して制御できる電話機の事です。複数の外線と内線を制御する主装置と、複数の端末機(専用電話機)から構成され、容量の大きいものになると数百台の子機を制御できます。

つまり正確に言うならば、ビジネスホンとは電話機単体ではなく、このような主装置+専用電話機の組合わせによる電話装置システムを指しているのです。

ビジネスホンの主装置について

ちなみに主装置とは、外線と内線、または内線間をつなぐ小型の交換機のことで、少ない回線を多数の内線電話機で共有、交換切換えの役割や、電話帳の番号 データ等も記憶します。

主装置内部にはCPUを始め、電源ユニット、内線ユニット、外線ユニットや他機能ユニットが収容されています。使用者が欲する外線数、内線数、求められる機能によって、そのユニットの種類や数が異なります。

また、設定するデータも使用者が必要とするデータを設定し、記憶させることができます。

なおビジネスホンは、異なる種類の回線(ひかり電話、IP電話、ISDN、ア ナログなど)を同一システム(主装置)に収容したり、通話録音装置や留守番電話装置の追加、インターホン接続、などビジネス業務に必要な機能、サービスを 組み合わせて利用することができます。

家庭用電話との違い

家庭用電話との大きな違いは、ビジネスホンは内線通話、保留転送、複数回線の接続ができるということです。

内線通話

言葉通り内線電話機能のことです(詳細は「ビジネスフォンの歴史」参照)。
普通、家庭用電話機にこの機能は搭載されていません。

保留転送

接続中の呼を保留とし、ダイヤルした指定先へ転送することです。
例えば、かかってきた電話を担当者のデスクの電話に転送するようなことを言います。

複数回線の接続

家庭用電話機の場合、1つの電話がかかってきた場合、他の電話がかかてきても、前の通話が終了するまで繋がることはありません。
しかしビジネスホンでは、複数の回線が接続している為、誰かが通話している場合でも内線や外線を使用することが可能です。

家庭用電話機とビジネスホンは電話機の基本機能という点では殆ど違いはありませんが、大きく捉えると家庭用電話機に内線機能を付け加えたものがビジネスホンになり、企業で使う場合はビジネスホンを導入するメリットが多くあります。

ビジネスホンを選ぶメリット

ビジネスフォン導入のメリット、それは少ない電話回線・1つの電話番号を多くの電話機で共有できることです。

例えば家庭用電話機を利用する場合、社員数だけの電話機はもちろんのことそれと同じだけの電話回線が必要になるわけですが、電話回線の回線数分だけ電話番 号も異なり同じ電話番号を社員全員で使うことはできません。

また、各個人に電話機が与えられているような環境でもすべての社員が同時に利用する機会はほとんどないかと思います。

ビジネスホンでは複数の回線を1つの主装置に収容し、接続された電話機に振り分けることができるため、例えば電話回線数自体は2回線でも2台以上の電話機 で受けることができるのです。

ビジネスホン導入によって必要最小限の回線を回線数よりも多い数の内線電話で共有することで、利用方法は変わらないまま導入費用・月々の基本使用料が削減できるのです。

ビジネスホンには機能の便利性だけではなく、経費削減という大きなメリットがあるわけですね。

ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る