ビジネスフォンの基礎知識

最新の現行機種アウトレット商品がなんと何台でも0円 NTT NX2 SAXA プラティア

ビジネスフォンの配線カテゴリ:ビジネスホンの基礎知識

ビジネスフォンを選ぶ際に配線の仕組みをわかっていた方が良いでしょう。
全てを把握するのは難しいので簡単にご説明いたします。

まず、ビジネスフォンは「主装置」と「子機」の2種類の機械から成り立っています。
主装置にて電話番号を管理し、外線が入った時には子機に伝達します。
そしてその子機にて外線を受けて、必要に応じて保留機能を使用したり、または転送機能を使って担当の人のいる子機に伝達したりすることができます。

ビジネスフォンの主装置と子機を

スター接続とバス接続

この「主装置」と「子機」の配線方法は2通りあります。

ひとつは「スター接続」と呼ばれるもので、主装置から複数の配線を使って子機につなぎます。

メリットは複数の電話機がケーブルにて接続されているものの、万が一1本が切れてしまっても他の電話機に影響を与えることがありません。 デメリットは、1つのケーブルに対して1つの子機となるため、ビジネスホン本体の数だけケーブルが必要となります。

もうひとつの接続方法は「バス接続」と呼ばれるもので、主装置から子機、そして子機から子機へと1直線にて接続します。

バス接続のメリットは、1本のケーブルに10台までの子機を取り付けることが可能で、ひとつの場所にまとめて設置することが可能なのです。
デメリットは配線がひとつのため、ケーブルに問題が発生すると、それを伝って全ての子機に問題が生じることになります。

機能面で言うと、万が一問題が生じても問題となる電話機がひとつで済むスター接続の方が無難になります。

ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る