ブログ

回線の種類とは

電話回線は、一言でいうと電話機・電話交換機を接続する伝送路のです。
アナログ回線とデジタル回線の2種類があり、現代ではデジタル回線が大きく進化。ひかりケーブルや世界を繋ぐインターネット回線などに注目が集まり、音声だけでなく大量のデータを伝送するためのサービスが加速度的に登場しています。
ビジネスホンのみならず、電話を使おうとする人はかならず伝送屋さんのお世話になる必要があります。日本では通信サービス事業を行っている伝送屋さんを通常「キャリア」と呼び、NTT、KDDI、ソフトバンクなどが有名です。 通信関係の知識や経験の薄い人は、電話回線や電話機などの業者を混同したり、両方ともNTTに頼むものだと思い込んでいる方がいますが、少し勉強するだけで電話に関連する費用を抑えることが可能になります。
また、キャリアが行っているサービスは会社や地域、導入時期などにより結構サービス内容や費用がまちまちです。新しく事務所を開く方や引越しを考えている方は、めんどうくさがってNTTで申込をする前にちょっと調べたほうが良いと思います。それも面倒くさい方は、弊社に連絡くださいね(笑)
回線の種類によって工事方法や料金、工事するまでの日程等の違いもあります。すぐに導入したいけどどこのキャリアがいいのかわからない?、通話料が多いけど一番安いキャリアはどこ?など使用方法によって選定するキャリアも決まってきます。
一度工事してからは違うキャリアに変更するのは何かと面倒ですので最初にしっかり選んだ方がいいですね!

ページのTOPに戻る