印刷機 価格・品質共にご満足いただける商品をご紹介いたします。

OFFICE 110トップページ印刷機 › 印刷機用語集

印刷機商品一覧

  • コニカミノルタ
  • リコー

その他OA機器商品一覧

  • レーザープリンタ
  • プリンタ
  • ファックス
  • ラミネーター
  • シュレッダー
  • 大判プリンタ
  • プロジェクター
  • プラズマクラスター
  • ドットプリンタ

ご購入ガイド

  • お問い合わせ~納品までの流れ
  • 保守メンテ・製品保証について
  • 料金・支払いについて
  • よくあるご質問
月9ドラマ機材協力

初めての方向けコンテンツ

  • 初めての方へ
  • 選ばれる理由
  • ご希望の商品探します
  • 導入事例
  • 会社紹介
  • スタッフ紹介

電話工事・配線・障害・修理など承ります

LAN工事・構築・配線など承ります

全国販売・工事 代理店募集

私たちはチャレンジ25キャンペーンに参加しています

SSL グローバルサインのサイトシール
当サイトはセキュリティで
保護されています。

専門用語集

印刷機専門用語集
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行
あ行

【アウトラインフォント】

文字の形状をその輪郭線により定義されたフォント。出力の際には輪郭線より文字を型どり、その内側を塗りつぶすことで文字を表現する。

【あおり出し装置】

手差しによる簡単な印刷機の多くに採用される排紙装置。

【板紙】

厚さ0.3mm以上または坪量100g/平方メートル以上のいずれかにはいる紙で、比較的かたく、腰が強い。ダンボール原紙、黄板紙、白板紙、チップボール、色板紙、建材原紙などがある。

【色校正】

色指定した部分がその通り印刷されているか確認、チェックする作業。写真版などが正しい色や調子で再現されるような製版がなされているか、校正機などで行うのが一般的。

【インキ出しローラー】

インキ壺を構成するローラー。これが少しずつ回転し、ブレードとの隙間からインキを導き出す。インキ出しローラー上に形成されたインキ皮膜はインキ移しローラーに間欠的に接触し、インキ練りローラーへ転移される。

【インキ着けローラー】

版面にインキを着けるローラー。版面に均一なインキ膜を形成するために、直径の異なる数本のローラーで構成されることが多い。

【打返し】

ページ物を印刷する版を組み付けるさいに、表裏にあたる版おを同時に組み付けて用紙の片面に印刷、それを左右逆に裏返し、もう片面に印刷する方法で用紙1枚で2部印刷可能となる。

【裏刷り】

透明なフィルム素材への印刷で、フィルム素材を介して印刷物を見る場合に用いる。印刷は絵柄の向きや色の刷り順を逆にする。これにより、印刷面の摩耗、汚れなどが防止できるため、耐久性の必要な印刷物に適する。 透明なフィルム素材への印刷で、フィルム素材を介して印刷物を見る場合に用いる。印刷は絵柄の向きや色の刷り順を逆にする。これにより、印刷面の摩耗、汚れなどが防止できるため、耐久性の必要な印刷物に適する。

【送り出しローラー】

巻き取り紙を用いる輪転印刷機において、色見当や折見当のずれが起こらないよう、紙の張力を一定に保つために設けられる駆動ローラー装置。

【オーバープリント】

印刷の際に下地の色の上に、文字やロゴなどを刷り重ねることをいう。「のせ」ともいう。

このページのトップへ
か行

【解像度】

再現画像の分解可能なこまやかさの程度。

【階調】

原稿、ポジティブ、ネガティブなどのもつハイライトからシャドーまでの濃度の段階。

【カンプ】

デザイナーが広告やカタログをデザインした結果を出力したもの。

【機械校正】

活版印刷において、ムラトリ前の試刷りで行う校正。

【キャリブレーション】

スキャナーの操作パネル上のメーター値を実際の出力値に合わせる操作。

【くわえしろ】

枚葉紙でグリッパーがくわえるために必要な紙幅。寸法は印刷機によって異なるが、10mm前後が一般的。この部分には印刷はできない。

【下版】

校了になった組版を、清刷、紙型取り、印刷などの次工程へ移すこと。

【校正】

校正刷を印刷するために印刷機を簡単な構造にした機械。

【校了】

校正が完了すること。校正者や編集者または著者によって校正された校正刷は印刷会社に戻され記入された赤字の指示にしたがって差し換えなどの訂正が行われる。再校、三校を重ねて校了となるが、印刷して差し支えない状態によれば、校了とし朱書きするか「校了」の押印をする。一部印刷会社の責任において訂正する箇所があれば責任校了として印刷会社にもどす。

【こすれ】

印刷面が印刷機上、折機、製本丁合、物流でこすれて汚れおよび傷がつく現象。一般印刷ではワックスをインキに混合し、インキ表面が滑るようにして、こすれを防止する。また印刷機上、製本機上では、インキが一度搬送系によりこすられると堆積して、すぐに激しく傷が発生する。印刷物をワックスで滑るようにした場合、物流での刷本間移動が激しくなり、物流こすれを生じる危険性がある。枚葉オフセット印刷では、インキに合成樹脂ワニスまたはコバルトドライヤーを加え、かたい皮膜をつくり救済する。

このページのトップへ
さ行

【作字】

2本または3本の活字の不用部分を削って、必要部分を組み合わせて特殊な漢字を作る作業、またはその合成活字。

【差込印刷】

文書の一部に他のファイルのデータ、例えば文書の内容は変えずに、宛名を差し換えながら印刷をすること。

【三三判】

規格外原紙寸法の一つ。697×1000mmをいう。

【三四判】

規格外原紙寸法の一つ。727×1000mmをいう。

【写植】 

写真植字を略して写植という。写真植字機を使って印刷用文字を作成する方法。

このページのトップへ
た行

【耐刷力】

一つの版で印刷できる限界の通し枚数のこと。一般に印刷物の品質が明らかに低下し始めたときをもって、その版の寿命が尽きたとする。

【台割】

ページ物印刷をするとき、印刷機1台によって一度に印刷されるページ数に、総ページ数を分割すること。

【ダブルトーン】

写真原稿を角度を変えて2枚のネガを撮り、2種のインキで刷り重ねたもので、グラデーションの豊富な印刷物になる。

【中質紙】

化学パルプが70%以上で、残りは、砕木パルプである印刷用紙。

【通し】

印刷機の生産量を表す単位。通し数ともいう。1色機の場合は、通し数=印刷枚数となるが、4色機の場合は通し数=4×印刷枚数となる。

このページのトップへ
な行

【中とじ】

製本様式の一つ。週刊誌など比較的ページ数の少ないとじ様式に採用される。本文と表紙を同時に丁合いし、背側を表紙ともセンターページで2~3箇所固定する様式。

【入稿】

印刷するための原稿を印刷会社へ渡すこと。

【ノーカーボン紙】

カーボン紙を用いずに複写を行う紙。

【のど】

本の部分の名称であり、本の中身の背に接する部分、またはとじ目の側。

【ノンブル】

本のページ付け、またはそのページ番号。

このページのトップへ
は行

【箔押し機】

表紙に金箔、色箔などを押す機械。

【パーフォレーション】

印刷機を用いて刷本に切り取り用の線状の小さな穴をあけること。印刷機の版面に穴あけ用の刃を組み付けて、印刷と同時に穴をあけすることもあるが、ブランケットなどに傷がつき、色数も制限されることから、印刷とは別の専用ユニットを設けて穴あけをする場合が多い。

【番号印刷】

紙幣、株券、手形、債券などの有価証券や、事務用帳票、送り状などの伝票類に番号を印刷すること。通常は印刷機械に番号器を組み付けて、紙が1枚通るごとに自動的に連続した番号を印刷する。

【ひげ】

印刷物の不適正なしあがり効果の状態を表現したもので、画線部の周囲に短いひげ状に発生したインキのはみ出し。

【ブラインデング】

印刷中に画線部にだんだんインキが付着しなくなり、濃度が薄れてくる現象。印刷時に繰り返し版面にくわえられるローラーやブランケットの摩擦圧などで画線部がしだいに破壊される。

このページのトップへ
ま行

【巻折り】

印刷物の折り方のひとつで、折丁を作るさいに一辺に平行に同じ方向に2回以上折る折り方。

【マージン】

書籍などの各ページの、本文や見出し類が印刷された部分の周辺にできる余白部分。

【無線とじ】

丁合いされた刷本を針金とじせずに接着剤だけで折丁の背を結合する方式。電話帳や各種単行本のほか、一部の雑誌に採用されている。

【面付け】

製本工程における折加工で折本が正しいページ順になるように、原版を貼りこむこと。

【モアレ】

幾何学的に規則正しく分布した網点、または線が重なり合ったときに生じる斑紋もことで、重なり合うスクリン角度が15度以下になると、モアレ模様がめだつ。

このページのトップへ
や行

【ヤレ】

印刷し損なった印刷用紙の総称。

【用紙の印刷適性】

印刷適性とは、印刷の仕上がりに欠くことができない、紙やインキなどの印刷材料に求められる性質をいう。その代表的なものが紙の印刷適性である。

【横通し】

巻き取り紙印刷機で印刷しうる紙幅が、印刷用紙の原紙規格判寸法の横幅寸法となっている場合の呼称。この場合、巻き取り紙印刷機のシリンダー幅は原紙規格判寸法の横幅寸法となる。

【横針】

枚葉印刷機で印刷する場合、紙差しのさい、紙の横縁の位置を定め、印刷の左右方向の見当を決めるための基準となる金具。一般印刷機の場合、まず前当てで前見当を決め、つぎに横見当を決める。

【四つ折り】

折り方の一種。まず半分に折り、その折り目に直角に再度折って、8ページとする折り方。

このページのトップへ
ら行

【落丁】

ページ物を丁合いするさい、折丁の一部が足りないまま製本された状態、または印刷物が指定の部数だけ完成しないこと。

【レインボー印刷】

印刷で用紙の一方向を複数の色で刷り分け、かつ隣り合った色間をにじませ虹色のように表現する方法。印刷機のインキ壺内に複数の堰を作り複数色のインキを各々の堰で仕切られた区画に入れ、インキ装置の横振りを止め隣あったインキの境界をにじませて印刷する。

【連】

紙および板紙の取引上の一単位。わが国では平判の場合は規定寸法に仕上げた紙1000枚、板紙の場合は100枚を一連とする。

【連量】

1連の紙の重量。わが国ではキログラムで表す。

【ロール紙】

ヤンキーマシンで抄いた片艶の紙で、印刷用紙、包装用紙に使われる。

このページのトップへ
わ行

【ワイピング】

彫刻凹版などの印刷において、版面に着けた余分なインキを拭き取ること。凹版輪転印刷機においては、インキ着けされた版面がワイピングペーパーの巻き取り紙にこすられて版面の過剰インキが除去される。

【渡し爪】

印刷紙を前の工程からひきはなして次の工程へ導きわたすための爪。枚葉紙オフセット印刷機のフィーダーより圧胴へ紙を渡すスイング装置の爪がこれである。

【渡り】

組付けのさい、のどを中心にして左右に並んだ2ページの版の、左側の版の左端から右側の版の右端までの寸法。

【割付】

組版作業を行うために、印刷物の判型のスペースに文字郡や図形、写真などの配置を決めることをいう。

【ワンプ】

製紙工場、印刷工場などで用紙、印刷製品などを包装するのに用いる低級紙の俗称。

このページのトップへ
私達はオフィスのコンシェルジュです。
迅速な対応、オフィス環境のご提案、安心のアフターフォロー。全国のお客様から頂くご相談・ご要望など誠心誠意お応え致します。

どのようなことでもお気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせ・ご相談0120-112-542

ページのTOPに戻る