複合機・コピー機の知識

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

原稿セットの仕方カテゴリ:複合機・コピー機の基本的な使い方

原稿は、サイズや種類、使用する機能のモードに応じて、セットの場所が変わります。
ここではセットの仕方とその際の注意点についてご説明します。

原稿台ガラス

ブック原稿や厚手の原稿、薄手の原稿、OHPフィルムなどを読み込む場合はここにセットします。もっとも基本的なセット場所です。
原稿の置き方には、「タテ置き」と「ヨコ置き」の2通りがありますが、いずれの場合も原稿の天部(上側)が奥側になるようにセットします。

なお、フリーサイズの原稿や本などの厚みのある原稿の場合、原稿サイズを正しく検知できないことがあります。
この場合は、読み込む原稿のサイズをあらかじめ指定します。

自動原稿送り装置

シート状の原稿をまとめて読み込む場合、原稿を自動原稿送り装置にセットします。
(スタート)ボタンを押すと自動的に読み込みを開始しますので、いちいち原稿を入れ替える必要が無くて大変便利です。

また、両面原稿を自動的に反転送りして両面読み込みすることもできます。

自動原稿送り装置を使う場合はここに注意!

なお、原稿給紙トレイにセットする原稿は機種によりますが以下の点に気をつける必要があります。
次のような原稿は自動読み込みに失敗したり、場合によっては自動原稿送り装置その物を破損させてしまう可能性もありますので注意しましょう。

  • ・薄い原稿(高温高湿の使用環境ではしわになることがあります。)
  • ・破れや大きなとじ穴などが開いた原稿
  • ・大きくカールしたり、ひどく折れた部分のある原稿
  • ・クリップやステイプル針などでとめてある原稿
  • ・カーボン紙など、すべりの悪い原稿
  • ・OHPフィルムなどの透明度の高い原稿

さらに同じ原稿を繰り返して読み込む場合の使用頻度は、30回程度(紙質により回数は異なります。)を目安にする必要があります。使用頻度が多くなると、原稿がおれたり、しわになったりして、原稿が送りにくくなることがあります。
折られている原稿をセットする場合は、原稿の折り部分を修正してから自動原稿送り装置にセットしてください。
折れたままだと隠れている部分が読み込まれないほか、自動原稿送り装置が紙詰まりを起こすこともあり得ます。

自動送り装置と原稿台ガラスの使い分け

薄い原稿(37~51g/m2)や厚い原稿(105~128g/m2)を読み込みときは、1枚ずつ原稿給紙トレイにセットすることになります。
これも印刷上のトラブルを回避するためですが、これらを印刷するときは自動原稿送り装置を使用するよりもむしろ原稿台ガラスを使うほうが確実かもしれません。
以上、用途に分けて原稿をいれていきます。

複合機・コピー機の知識カテゴリ一覧

  • 複合機の選び方
  • 複合機の使い方
  • ビジネスフォン便利機能
  • 導入後気をつけるポイント
  • 電話回線の選び方
ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る