複合機・コピー機の知識

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

電源の入れ方カテゴリ:複合機・コピー機の基本的な使い方

電源の入れ方

どんな電化商品もそうですが、複合機を使用するためにはまずは電源入れなければなりません。ここでは複合機の電源の入れ方についてご説明します。
なお、機種によってスイッチの位置は異なりますが、流れはほぼ同じです。

複合機の電源を入れるには

複合機には「主電源スイッチ」と、機器本体を動作させる「電源ボタン」の二つがあります。
これらを分かり易く部屋の蛍光灯で例えるならば、「主電源スイッチ」は電気の流れそのものをon/offする「ブレーカ」であり、「電源ボタン」は蛍光灯を点灯/消灯させる「スイッチ」に該当します。

電源スイッチの順番

複合機の電源を入れる場合は、蛍光灯と同様、
「主電源スイッチ」→「電源ボタン」
の順に入れることになります(なお、切る場合の手順はこの逆です)。

ウォームアップタイム

コピー機は主電源を入れてもすぐには使えるようにはなりません。
何故なら、コピーをする時、トナー樹脂を熱の力で溶かし紙に付着させるために、紙を『定着ローラ』という高温のローラでプレスしますが、それを適温まで温めるためには、どうしても時間がかかってしまうからです。
その為、ほとんどの会社は朝一でスイッチを入れておきます(その際、原紙を のせるガラス面が汚れているのを見つけたら、きれいに拭いておくと良いでしょう。そのままにしておくと、その汚れも一緒にコピーされ、すべてのコピーに斑点が出来てしまいます)。

複合機・コピー機の知識カテゴリ一覧

  • 複合機の選び方
  • 複合機の使い方
  • ビジネスフォン便利機能
  • 導入後気をつけるポイント
  • 電話回線の選び方
ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る