複合機・コピー機の便利機能徹底ガイド

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

コピー(印刷時)の便利機能をご紹介カテゴリ:複合機の便利機能

コピー・印刷(プリントアウト)関係の便利機能 1234

移動コピー

移動コピーとはすでに印刷した用紙の空いている場所に、新たに読み込んだ原稿画像を移動指定してプリントすることができる機能です。 原稿の空いているスペースに、写真やグラフなど、別の原稿を合成する時などに便利です。

画像確認機能/見てから保存

画像確認機能/見てから保存とは、複合機にドキュメントファイリングで保存されたデータを呼び出す際、液晶画面を使いサムネイルの一覧表示で目的のデータを探し、画像確認画面で内容を確認することができる機能です。 ファイル名だけでは分かりにくく、間違って印刷してしまうケースも考えられますが、この機能を使えば、ファイルを探す時間を軽減し、ミスプリントによる無駄を減らすことができます。 またドキュメントファイリングへ保存する際は「見てから保存」を利用すれば、データを画像確認してから保存することができます。

拡大・縮小機能

現在使われているコピー機は拡大や縮小機能を持つものも多く(少なくともこの機能を搭載されていない複合機やコピー機は見たことがりません)、それに合わせて紙の大きさを選ぶことも可能である。 拡大・縮小の倍率は機種ごとに定められており一定ではないが、100%(原本と同寸大)を基準に最小の1%~最大値までコピーの大きさを1%刻みに調節することが出来ます。 またもっと単純にA4の書類をA3の紙の大きさに拡大させたり、B5の紙のサイズに縮小させたりと紙の大きさで拡大・縮小のサイズを指定できる機能もあります。

割り込み機能

割り込み機能とは、予約中またはプリント中のジョブに割り込んでコピーをとることができる機能です。長時間かかる大量のプリント中に、急ぎのコピーを数枚とりたい時などに使用します。 割り込み機能が搭載されている複合機には必ず「割り込みボタン」がありますので、それを押すことで使用できます。

見てからコピー

見てからコピーとはコピーをする際、読み込んだ原稿のイメージを操作パネルで確認できる機能です。 またコピー後、ステープル止めやパンチ穴を開ける時など、見てからコピーの「仕上がり表示」でそのイメージを確認することができます。 ありがちな、とじしろに文字が重なってしまうなどのミスもこの機能で回避できますので、ミスコピーの低減につながり、コピーコストの削減や地球環境への配慮につながります

混載原稿対応

混載原稿対応とは、大きさの異なる原稿が混ざっている場合でも、原稿を読み取る際に自動でサイズを判別し、まとめてコピーしてもそれぞれのサイズでちゃんとコピーしてくれる機能です。

例)

A4サイズの原稿の中にB5サイズの原稿が混ざっているような資料があるとします。 通常のコピーの場合、サイズ毎に分けて別々にコピーした後、ページ順に並び替えるという流れになります。しかしこの方法だと、非常に手間がかかって作業能率が悪い上、資料の数が多いと順番を忘れてしまうこともあり得ます。 しかし、混載原稿対応機能を使えば、原稿を読み取る際にサイズを判別しますので、まとめてコピーが出来る上、各々原稿サイズの用紙でコピーしてくれます。 またさらに、混載原稿対応機能では同一サイズの用紙にあわせてコピーすることもできます。この場合、倍率自動選択を組み合わせて使用することで選択した用紙サイズに合わせて出力できます

複合機・コピー機の知識カテゴリ一覧

  • 複合機の選び方
  • 複合機の使い方
  • ビジネスフォン便利機能
  • 導入後気をつけるポイント
  • 電話回線の選び方
ビジネスホンお問い合わせ
ページのTOPに戻る