複合機・コピー機の便利機能徹底ガイド

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

コピー(印刷時)の便利機能をご紹介カテゴリ:複合機の便利機能

コピー・印刷(プリントアウト)関係の便利機能 1234

ドロップアウトカラー

ドロップアウトカラーとは、複合機でスキャンを取った際にパソコン上に本来あるはずの印刷が写りこまない事を指します。 例えば、伝票などの色の付いた部分は消し、黒文字の部分だけを残したい時などに使います。 最近ではドキュメントの文字認識の精度を上げると同時に、デジタルデータ化をスムーズにするために活用されています。

ブック複製(ブックコピー)冊子

ブック複製(ブックコピー)冊子機能は、本やパンフレットなどの見開き原稿をコピーする際、見開きの2ページ毎に原稿台に載せ読み取れば、できあがったコピーを2つ折りにすると中とじの冊子になるようにコピー出来る機能です。 更にこの機能は本の傾きを自動補正し、見開きページの中スジなどスキャン時にできる影の部分も除去してくれるので、インクのムダ使いも減らせます。 パンフレットのように見栄えよく製本して仕上げる時に便利です。

ページめくり機能(ブック分割)

ブック分割機能は余カタログや小冊子など、中とじさ れた原稿のホッチキスを外して、原稿送り装置にセットすれば、1ページずつ分割して順番にコピーできる機能です。 機種によっては白部分の濃度を調整して印刷時のインクの無駄を省く機能があるなどメーカーにより充実しています。 この機能は、お使いの機種によっては表示されな かったりオプションが必要だったりします。詳しくは弊社の営業担当者にお尋ねください。

ポスター印刷

ポスター印刷は「ポスターの製作費用を削減したい!!」「社内の営業実績表を大きなサイズできれいに作りたい!!」ときに使用する機能です。 1ページのプリンタデータを拡大して、複数枚の用紙(4枚/2×2、9枚/3×3、16枚/4×4)に分割してプリントすることができまので、自前で簡単に大判ポスターが作れます。 販促費用の圧縮とともに、業者への発注の手間なども省け、季節ごとにポスターを作成し貼り替えたり、新製品の案内なども手軽に行えます。

また、各用紙を貼り合せる際に連結部分をすき間なくきれいに貼り合せられるように、境界線をプリントしたり、各用紙に重なりあう部分を作成したりする(オーバーラップ機能)こともできます。 グラフや図などのデータも簡単に大判の資料を作成でき、仕事作業にかかる時間と手間を大幅に削減しながら、よりきれいで見やすい実績表などを作ることができます。 なお4このポスター印刷の最大拡大サイズは、A0の2倍となります。(A3の原稿の4×4)

リテンション/ドキュメントファイリング

リテンション/ドキュメントファイリング機能とは、プリントデータを複合機内蔵のハードディスクに保存し、必要な時にパソコンを使用せずに複合機の操作パネルからプリントできる機能です。 リテンション機能の中の「サンプルプリント」を使えば、複数枚プリントする際、まず1部だけプリントし内容を確認後、残りの部数を複合機の操作でプリント指示ができるので、ミスプリントを防ぎ、コストの無駄ややり直しにかかる手間を抑えられます。

保存場所を指定することもできますので、他のユーザーのデータとの混在も防げます。また、パソコンからプリントする際にパスワードを設定することもでき、保存されたデータのセキュリティを高めることができます。 保存の方法法としては、出力データをプリントせずに一旦複合機のハードディスクに保存しする「印刷せずにホールド」や、必要部数プリントし、かつデータをハードディスクに保存する「印刷後ホールド」などがあります。

リピートレイアウト

リピートレイアウトとは電話受付メモやロゴ、イラストなどの原稿を、用紙の同一面に複数コピーできる機能です。1枚の用紙に複数コピーすることで限りなく余白を減らし、コストの削減をすることができます。 主イスカード(価格を表示したカードのこと)や電話メモ、小さなチラシなどを作成するときにこの機能を使用すると便利です。

複合機・コピー機の知識カテゴリ一覧

  • 複合機の選び方
  • 複合機の使い方
  • ビジネスフォン便利機能
  • 導入後気をつけるポイント
  • 電話回線の選び方
ビジネスホンお問い合わせ
ページのTOPに戻る