複合機・コピー機の知識

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

購入後の維持費(ランニングコスト)カテゴリ:複合機・コピー機の費用について

購入後の維持費(ランニングコスト)は主に機械代(リース代)+保守料金+消耗品(紙等)になりす。
このうち印刷用紙などの消耗品に関しては努力次第でコスト削減が出来るので、ある意味自己責任と言えます。
機械代もそのコピー機がリースでなければ関係ありません。
以上のことから、コピー機の維持費として一番重要なのは保守料金であるといえます。

保守料金と維持費

一般的に多くの事業者が使用する保守料金はカウンター保守になります。

カウンター保守

基本料金が設定され、毎月のコピー枚数が基本枚数を越えると 1枚×契約単価で計算されます。
少しわかりづらいので具体的数字を出して見てみましょう。
※例)
1枚当り5円のモノクロコピー機の場合
・基本料金 1000枚 5,000円
・超過枚数  200枚 1,000円

合計6,000円

この会社の月々のカウンター料金は5千円+超過料金になり、かりにコピー機リースだった場合、この数字にリース料金を足したものが毎月必ずかかる維持費となります。
見積を取ったときはどうしても機械代に目が行きがちですが、カウンター保守の場合、10000枚する会社が、モノクロ1円の差で利用をすると、月間に10000枚×1円⇒10000円の差がでます。
月に利用するモノクロ枚数カラー枚数のシュミレーションで、しっかりと、どこの保守サービスがお徳かを比較してから購入を検討しましょう!!

複合機・コピー機の知識カテゴリ一覧

  • 複合機の選び方
  • 複合機の使い方
  • ビジネスフォン便利機能
  • 導入後気をつけるポイント
  • 電話回線の選び方
ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る