複合機・コピー機の知識

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

保守料金の構成と相場カテゴリ:複合機・コピー機の費用について

複合機を購入した後、故障しないようメンテナンスを受けたり、故障した場合は修理してもらうことを保守サービスといいます。
この保守サービスにはどのような種類があり、費用はどれくらいかかるのでしょうか?ここでは保守契約の内容と費用の相場についてご説明します

保守契約の種類

複合機を取り扱っているメーカーや販売店では、保守サービスとして、カウンター保守キット保守スポット保守の3種類を用意しているところがほとんどです。

カウンター契約

カウンター契約はモノクロ1枚幾ら、カラー1枚幾らの料金をあらかじめ保守会社と設定しておき、そのカウンター料金の中に部品代や、修理費が含まれている方式

保守契約の特徴

  • ・毎月、決まった枚数の大量コピーをする人向け
  • ・月締めでカウンターを締めて基本的に毎月定期的にメンテナンスを実施
  • ・紙づまりや汚れなどで部品の交換が必要になりサービスマンが訪問修理をしても代金は請求されない

キット保守(コピーキット保守)

保守メンテナンスとトナー・パーツ代含めて契約するシステム。

キット保守(コピーキット保守)の特徴

  • ・毎月、大量のコピーはするものの、月々のコピー枚数に幅がありすぎる人向け
  • ・故障が発生しても修理費・出張費・技術料・パーツ代など全て不用
  • ・基本的に新品の複合機を購入した場合は、無駄が多い。

スポット保守

故障が発生した時、その都度依頼する方式

スポット保守の特徴

  • ・たまにしか印刷しない人向け
  • ・パーツ代・ドラムユニット代等は、実費請求
  • ・部品代だけではなく、技術料金と出張料金も請求される
  • ・場合によっては新品購入のほうがお得な場合もある

保守料金の相場

それぞれの保守サービスの相場ですが、カウンター保守以外は一定ではありません。
カウンター保守の場合は
新品⇒モノクロ1.5円/カラー15円
中古⇒モノクロ3.5円/カラー25円
あたりを基本として、毎月使用した印刷紙の枚数で計算されます。
一方、キットやスポットに関しては機種や地域などにより金額が大きく変動します。

どのような保守サービスが一番自分達にあっているのか、複合機の購入をご検討の際は、故障時の事も考えておきましょう!!

複合機・コピー機の知識カテゴリ一覧

  • 複合機の選び方
  • 複合機の使い方
  • ビジネスフォン便利機能
  • 導入後気をつけるポイント
  • 電話回線の選び方
ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る