複合機・コピー機の知識

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

格安コピー機で気をつけることカテゴリ:複合機・コピー機の費用について

ここで言う「格安コピー機」とは、格安で販売している中古複合機のことです。
またここでは中古複合機を購入する際に、気を付けるべきことをご説明します。

格安コピー機の注意点

中古の複合機を購入するときの考え方としては、車と同じ様に考えると分かりやすいです。 中古車を購入するとき、確認する必要があるのは

  • 年式(何年前に作られた車か)
  • 走行距離(その中古車がどのくらい走っていたのか)
  • 定期点検(きちんと整備されているか)

などになります。

当然ですが年式が新しい程高くなり、また未使用に近いほど状態が良いので価格も比例します。
この中古車の注意点と同様、中古複合機は次のような点を確認する必要があります。

1.カウンターでコピー使用枚数を確認。

中古複合機で一番確認しなければならないのが中古車での走行距離に該当するカウンター数値(累計使用枚数)です。
複合機は家庭用と違って業務用で利用されるので、機械によってはかなり過酷に使われている場合があります。
酷使されているものだと、内部のローラが擦り減っていたり、定着部のヒーターが寿命だったりと、購入直後に思わぬ高額な出費がかかる可能性があります。

2.トナーや感光ドラムの確認。

これらもコピー使用枚数と同じく、コピー機の状態を示すものです。確認d系るのであるならば必ず確認してください。

3.保守契約の確認

ほとんどの場合はメーカーと保守契約が必要ですので、現在保守可能機種や料金等をメーカーに問い合わせましょう。
特に保守契約は重要ですので、確認する事をおすすめします。

4.輸送代の確認

多くの場合、大型複合機機だと輸送費も別途料金になります。
仮に複合機自体は格安でも移動距離が遠いと送料が何万円もかかってしまうケースもあります。
必ず事前の確認を行いましょう。

5.オプションの有無やソフトなど現行で使えるかの確認

欲しかった機能がオプション装備であったり、複合機を実際に動かすソフトが古すぎて使用不可能だったりすると、いくら状態が良い複合機でもほぼ無意味です。必ず購入前に確認してください。
また、デザイン関係などMacのPCを使っている会社では、複合機機器Macが対応しているかも確認のポイントになります。

これらのことを確認して、失敗のない格安複合機の購入をしてください。
ただ機械ですので、どんなに良質でも(早い話、新品でも)早期に壊れる時は壊れたりしますので、お店やショップの人に機械の状態をよく聞く事が大事かと思います。

複合機・コピー機の知識カテゴリ一覧

  • 複合機の選び方
  • 複合機の使い方
  • ビジネスフォン便利機能
  • 導入後気をつけるポイント
  • 電話回線の選び方
ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る