複合機・コピー機の基礎知識

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

コピー機の歴史カテゴリ:複合機・コピー機の基礎知識

今日、私たちはコピー機を当たり前のように使用しています。
しかし、このコピー機はいつ、どのようにして誕生したのでしょうか?
コピー機の歴史を少し振り返ってみましょう。

コピー機の起源

最初に事務機として幅広く使われたコピー機は1779年、イギリス人の発明家、ジェームズ・ワットによって発明されました。
彼はインクが裏まで染み込みやすい薄い紙を使って、紙から別の紙に内容を転写する手法を考案し、当初は一般で使用するには改良の余地が多かったもののすぐに実用化の目途がつきました。
この発明は結局、大成功となり、20世紀まで使用され続けました。

ジアゾ式複写機の誕生

現在のようなコピー機が実際に開発されたのは1951年のドイツです。
この時開発されたものは、ジアゾ式複写機と呼ばれ、感光紙の性質を生かしたもので、現像液を塗る手間があったので、湿った紙になるのが特徴でした(湿式」)。
また、青い紙を使うことが多かったので、通称「青焼き」と呼ばれていました。
一方で、乾いた紙でコピーできるものもあった(乾式)のですが、こちらは高価で主に業務用として使われ、あまり一般的ではありませんでした。
このジアゾ式複写式のメリットとデメリットとしては次のようなものがあります。

メリット

・PPC複写機と異なり光学的プロセスを持たないため、原稿との相違(光学的な収差など)が極めて少ない。
・機械の構造的にも単純であり大判(A0、A1)の複写も容易である。
・ランニングコストが、PPC複写機よりかなり低かった。

デメリット

・感光紙は、光線不透過(販売時に、袋詰めされている)の袋に入れて保管する必要がある。
・現像後の複写紙も光線下では退色が激しいので、保管には注意を払わなければならない。
・原稿は光透過性が低い本のような厚い物や、両面刷り原稿の複写はできない。
・乾燥前、あるいは乾燥後も長時間感熱紙と接触させると、感熱紙を黒変させてしまうことがある。
・原稿と感光紙を間違えると複写できないだけでなく、湿式では原稿を濡らしてしまうリスクを伴う。
・巻込みにより原稿を破損させる恐れがある。

なおこのジアゾ式複写機を完成させたのは、複写機の開発・製造で有名な現在のキヤノンファインテックであり、設計図面用のコピー機としてジアゾ式は重宝され続けています。

PPC複写機

現在のコピー機の主流はPPC複写機ですが、このタイプのコピー機が開発は、1938年、アメリカ人のチェスター・F・カールソンの手によってゼログラフィと呼ばれる基本技術が確立したことで始まりました。
その後も改良が重ねられ、1959年、アメリカで世界初の事務用コピー機は誕生します。なお、この時の商品名がゼロックスだったために、現在でもコピー機は欧米ではゼロックスと呼ばれています。

PPC複写機のメリットとデメリットとしては次のようなものがあります。

メリット

  • ・薬品の塗っていない、普通の紙を利用できる。
  • ・複写物を長期保管しても劣化が少ない。
  • ・厚い物や、両面刷り原稿の複写もできる。
  • ・複写時の拡大、縮小ができる。
  • ・デジタル式の場合、大量コピーの時間が短い。

デメリット

  • ・光学的な収差が出る場合がある(図面関係の読み取りで問題になる場合が出る)。
  • ・A1以上の大判用紙への複写が可能な機種は、大型かつ高価(数百~数千万円)となり、一般には導入されていない。
  • このようにPPC複写機はジアゾ式複写機と比べてはるかに使いやすく、多くのメットがあったため、多くの企業がこの技術を基本としたコピー機の開発・研究に取り組み、現在の複写機の主流になりました。

コピー機の現在

コピー機の基本技術そのものはPPC式の登場で完成を見ましたが、コピー機そのものはその後も進化を続け、パソコンの普及とともにコピー機も進化し、カラーコピーやデジタル式のコピー機も誕生しました。
特にカラーコピーは画期的で、現在のカラーコピーは写真にも劣らないほどです。
またデジタル式はコンピューターのスキャナーと同じ原理を使い、よりきれいなコピーが取れるようになりました。

複合機・コピー機の知識カテゴリ一覧

  • 複合機の選び方
  • 複合機の使い方
  • ビジネスフォン便利機能
  • 導入後気をつけるポイント
  • 電話回線の選び方
ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る