複合機・コピー機の基礎知識

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

コピー機 勘定科目カテゴリ:複合機・コピー機の基礎知識

勘定科目とは、複式簿記の仕訳や財務諸表などに用いる表示金額の名目をあらわす科目のこと。

複合機は工具器具備品にあたります

短縮した「勘定」という呼び方のほうをよく聞くかもしれませんが、これは要するに、コピー機が会社の資産をまとめた帳簿にどのように記されているかということです。
コピー機の勘定科目は「工具器具備品」に該当し、10万円以上・耐用年数1年以上の用具・器具・工具・什器・備品などを管理する勘定科目になります。
なお、取得価額が10万円未満とされる工具器具備品などは、「販売管理費」勘定にて一括経費 (全額を必要経費へ算入)とする必要があります。

会社で使用しているコピー機も品によっては10万円未満ものがありますので、自分の会社で使用しているコピー機がどちらの欄に当てはまるものか、しっかり注意する必要があります。

複合機・コピー機の知識カテゴリ一覧

  • 複合機の選び方
  • 複合機の使い方
  • ビジネスフォン便利機能
  • 導入後気をつけるポイント
  • 電話回線の選び方
ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る