複合機・コピー機の基礎知識

新規開業・オープンの方ご優待ビジネスフォンと複合機が0円

法定耐用年数カテゴリ:複合機・コピー機の基礎知識

法定耐用年数とは機械、設備など減価償却資産の法定上の使用可能な見積期間のことです。
個々の機械などの耐用年数を正確に見積もることが困難であるため、税法では各種の減価償却資産を分類して耐用年数を定めており、その耐用年数に従って減価償却をします。

対象になるのは新品の物のみ

法定耐用年数は新品の資産を対象にしているので、中古資産に関しては取得後の使用可能期間を見積もって、その見積もり耐用年数により 償却限度額を計算します。
見積もりが困難なときは簡便法で見積耐用年数を算出することができます。
簡便法は、

法定耐用年数の全部を経過した資産の場合
→法定耐用年数の20%
法定耐用年数の一部を経過した資産の場合
→法定耐用年数から経過年数を引いた数字に経過年数の20%を足した数字

となっています。

なおこの法定耐用年数は複合機のリースをする際の期間の目安にも使われます。
多くの業者ではリース契約の上限は法定耐用年数に合わせてあります。

複合機・コピー機の知識カテゴリ一覧

  • 複合機の選び方
  • 複合機の使い方
  • ビジネスフォン便利機能
  • 導入後気をつけるポイント
  • 電話回線の選び方
ビジネスフォンは機種や回線の選び方一つで御社のコストや業務効率が大きく変わります。|0120-112-542|お問い合わせ・ご相談はこちら
ページのTOPに戻る