よくある質問

「2014年04月」の記事一覧

複写濃度を調節するレバー又はつまみのことです。濃度調整レバーともいいます。また見やすいコピー画像が得られるように、原稿の種類に応じて選択するキーを使用することもあります。

パソコンからスキャンを複合機に指示できる機能のことです。プルスキャンでは、一枚ずつしかスキャンできなので、毎回原稿を複合機にセットしに行かなければならないという不便さがあります。大量の資料などをスキャンする機会が多い場合…続きを読む

コピー上に幅広い面積のベタ部においてその中央部の濃度が周辺部より薄くなる現象のことです。エッジ効果ともいいます。

連続コピーの場合、2枚目以降に排出されるコピーについて単位時間当たりのコピー枚数のことです。ただし、連続巻取式の複写機では排出部を通過する単位時間当たりの長さをいいます。コピースピードともいいます。

Charge Coupled Deviceの略で、光情報を電気信号に変換(光電変換)する半導体素子のことです。光を電気に変換する受光素子(画素)を複数個ならべる事で、光の変化を画素ごとに独立して電気信号に変える事が出来ま…続きを読む

12
ページのTOPに戻る