ブログ

複合機のリース金額の算出方法とは?

業務用複合機をリースで購入しようと考えている人は、
知ってて損はしないリース金額の簡単な計算方法です。

A.月額リース料
B.複合機の現金購入金額
C.リース料率(リース会社や条件により異なります)

とすると、計算方式は、
A=B×C

となり、計算方法はいたって単純です。

尚、リース料率は契約年数及び契約金額等によって異なりますが、
一般的な5年リースと6年リースは以下の通り。(50万~200万円程度)

5年リース=1.88%~1.95%程度
6年リース=1.61%~1.68%程度

ちなみに、再リースは年額の10%の先払い更新です。
(月額リース料金×12ヵ月×10%)

例)
現金購入価格が100万円の業務用複合機を5年リースで契約した場合の月額リース料金
リース料率が1.88%の場合
5年リース月額リース料=1,000,000円×1.88%=18,800円となります。

同額を6年リース1.6%だった場合は
6年リース月額リース料=1,000,000円×1.60%=16,000円となります。

5年にするか6年にするかは月間の経費との兼ね合いもありますが、
業務用複合機の場合は保守契約も5年間が一つの区切りでもあるので5年リースにするのが一般的です。

当然、6年リースの方が総支払額は多くなりますが、
月間経費は抑えられ、動産保険も6年間付きます。

見積で機器の標準小売価格の総額と月間リース料しか記載をしない業者も居ますが、
その場合、標準小売価格の設定が有る機器が一体現金価格は幾らなのか(値引き率等も知りたい)場合は

月額リース料金÷リース料率=現金価格となります。

故に、見積業者に「何年リースでリース料率が何%なのか」と聞けば、算出可能です。

上記の例で例えると

5年リース月額18,800円÷1.88%=1,000,000となります。
6年リースも同じです。

これを知っていれば、その複合機の機器本体価格の相場以上の価格で
契約してしまう確率は軽減できると思います。

ページのTOPに戻る