ブログ

カウンター保守とは?

複合機やコピー機を導入する時、気になるのはその後の保守やメンテナンスに関するサービスだと思われます。
弊社では定期的な修理やメンテナンスなどを行い、お客様に安心してベストコンディションの複合機(コピー機)を使っていただくために、保守契約を結んでいただいています。

 

保守契約は、購入された複合機(コピー機)の機種やお客様のご要望に応じて以下の3種類があります。

  • カウンター保守
  • キット保守
  • スポット保守

 

「カウンター保守」なら修理や消耗品の交換などを無償で受けられる!

カウンター保守は、利用枚数に応じた保守料金をお支払いいただくことで、点検や修理、消耗品の交換といったすべての保守サービスを無償で受けられる保守契約です。

 

保守料金には以下の料金が含まれています。

  • トナー代金
  • 修理費
  • 交換部品代
  • 修理現地対応費(サービスマンの派遣費用)
  • 搬送費

 

紙づまりや機器部品の汚れ除去などでサービスマンが訪問修理をしたり、部品の交換が必要になった場合なども追加の料金が発生することはありません。

 

保守契約購入機種や要望に応じてカウンター保守など3種類があります

 

請求内容の内訳は?

カウンター保守では、複合機(コピー機)を利用するたびに本体内蔵のカウンターが枚数をカウントし、コピー1枚あたりの金額に基づいて利用料金が請求されます。

 

例えば、
基本料金  ⇒3,000円
モノクロ出力⇒4円/1枚
カラー出力 ⇒30円/1枚

 

という契約内容であれば、すべてを合算したものがカウンター保守料金(=請求額)となります。
お支払いは通常は1ヵ月毎ですが、弊社では締めの期間などにつきましてお客様と相談をさせていただいています。

 

カウンター保守の契約をオススメしたい利用環境とは?

カウンター保守をオススメしたい利用環境は、以下のようなオフィスです。

  • 毎月500~1,000枚以上を利用(出力)をしている
  • 中高速の複合機(毎分25枚以上印刷が可能な機種)印刷以上)を導入している

 

保証対象外の故障修理は有料になるといった注意点もありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

「OFFICE110」では、複合機やコピー機の納品・設置前にご契約内容に関する書類を作成してお客様にお渡ししています。

ページのTOPに戻る